骨寺村荘園遺跡 ほねでらむらしょうえんいせき

史跡 / 東北 

岩手県
一関市
指定年月日:20050302
管理団体名:一関市(平18・8・8)
史跡名勝天然記念物

骨寺村荘園遺跡は岩手県南部、奥州藤原氏の拠点平泉の西約15kmに位置する、中尊寺経蔵別当の所領である。中世の骨寺村に関しては、重要文化財に指定されている二葉の「陸奥国骨寺絵図」と文書とが中尊寺に伝えられており、村の範囲や景観、内容を具体的に知ることができる。二葉の絵図はともに共通した構図で、縦長の図に東から西を鳥瞰した村を描いている。その四至は『吾妻鏡』文治5年(1189)条に見える「東鎰懸、西山王窟、南岩井河、北峯山堂・馬坂」と一致する。絵図の上部には遠望できる栗駒山、山王窟の山々、中央に中心部の盆地、左側に磐井川とその対岸の山稜、右側に盆地北側の山稜を描く。「詳細絵図」「在家絵図」などと称される絵図は、水田や家の形まで図像として詳細に描き、村の景観を具体的に示す。一方「簡略絵図」「仏神絵図」と称される絵図は、全体を比較的簡略に描き、神仏田などの宗教施設を記している。図中には、骨寺跡、六所宮、ミタケ堂跡、白山、不動窟、若神子社、慈恵塚などが文字と図で記されている。ともに年代は不詳であるが鎌倉時代とされている。
骨寺村の中心地はその遺称地、本寺地区であり、東西に流れる磐井川沿いの小盆地にある。東西約3km、南北約1kmの広さがあり、標高は140mから180mで西から東に緩く傾く。盆地の南北は比高25m以上の河岸段丘崖、北は東西に連なる丘陵に挟まれ、その東端で磐井川と丘陵が迫る狭隘部、絵図の「鎰懸」となる。西側は絵図の正面に位置する台地がある。その裾中央に六所宮の説もある駒形根神社、中腹に白山社が鎮座する。ここから約3km西方に山王窟がある。磐井川に面…

作品所在地の地図

関連リンク

骨寺村荘園遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一関本寺の農村景観
元禄伊予国絵図
伊予宇和島藩領地図(元禄伊予国絵図部分)
達谷窟
伊予国宇和郡東多田村絵図
ページトップへ