角牟礼城跡 つのむれじょうあと

その他の画像全4枚中4枚表示

城跡 / 九州 

大分県
玖珠郡玖珠町
指定年月日:20050302
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

角牟礼城跡は、大分県西部に位置する玖珠盆地の北側にあり、標高577mの角埋山の山頂部に築かれた城跡であり、玖珠盆地から豊前へ抜ける交通の要衝地に立地する。三方を急峻な斜面で囲まれた角埋山は、天然の要害と呼ぶにふさわしい切立った険しい岩盤が露出し、古くから石垣のある山城として知られていた。
城跡は、『豊後国志』によれば、久寿年間(1154〜56)に源為朝が築城したと伝えるが定かでなく、史料的には「志賀文書」に見える文明7年(1475)が初見である。玖珠盆地は、平安時代から豊後清原氏につながる小田氏、魚返氏、森氏といった玖珠郡衆といわれる武士団によって支配され、戦国時代にはこれらの国衆・国侍が12人おり、盆地周辺に築かれた城を共同管理していたとされる。天正年間の島津氏の侵攻に際しては、角牟礼城は玖珠郡衆が共同で立て籠もり守ったとされ、戦国末期の地域における拠点城郭であったことがわかる。文禄2年(1593)の大友氏の改易により、玖珠を含む豊後国は豊臣秀吉の蔵入地となり、慶長5年(1600)まで秀吉の直臣であった毛利高政が角牟礼城に入城し、領地の支配と蔵入地の管理に当たったとされている。
平成4年の搦手門地区の野面積み石垣の存在の確認により、この城の価値の見直しが行われ、玖珠町教育委員会により平成5年度から3箇年発掘調査が実施された。その結果、本丸地区からは北側石垣隅部で櫓跡を、南側では幅約4mの石段の虎口を検出した。櫓跡は毛利氏時代に石垣を築き、その隅部に造ったものであることが確認された。大手門地区では、桁行約9m、梁行約4.5mの礎石建物の…

作品所在地の地図

関連リンク

角牟礼城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

穆佐城跡
清色城跡
飛山城跡
都於郡城跡
田中城跡
ページトップへ