十三湊遺跡 とさみなといせき

史跡 / 鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山 / 東北 

青森県
中世
五所川原市
指定年月日:20050714
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

十三湊遺跡は、本州最北端の津軽半島の日本海側ほぼ中央に所在し、岩木川河口に形成された潟湖、十三湖の西岸に位置する。戦国期に成立したと考えられる『廻船式目』に三津七湊の一つとして「奥州津軽十三湊」とみえ、中世北日本の重要港湾であったことがうかがえる。蝦夷管領を務めた津軽の豪族安藤氏が拠点を置いて栄えたとされながら、南北朝に津波で壊滅したという伝承があり、長い間幻の港町とされてきた。しかし、平成3年度以降の国立歴史民俗博物館、市浦村及び青森県教育委員会による組織的な発掘調査の結果、13世紀初頭から15世紀後半に営まれた広大な遺跡の実態がおおよそ把握された。
十三湖は現在直接日本海に開口するが、かつては砂州の間の水路、前潟を通じてつながっていた。遺跡は前潟と十三湖に挟まれた砂州先端に立地し、規模は南北約2km、東西最大500mに及ぶ。前潟に面した西側が高く、そこに十三集落の街村が南北に立地しており、13世紀初頭の成立期の遺跡はこの中央付近で確認されている。集落東側の広大な畑地が遺跡の中心で、北西の前潟に面する地区に港湾施設、南端に伝檀林寺跡が位置している。
中心の地区は空堀を伴う東西方向の大土塁により南北に二分される。土塁北側は遺構及び遺物の内容から、領主やその関係者などの居住区と推定される。大土塁は遺跡の最盛期である14世紀後半から15世紀前葉のものであり、その北側の遺構は14世紀前半にさかのぼる。14世紀後半以降は、大土塁とほぼ同方向の柵を伴う東西道路が20から30m間隔で規則的に配置され、その間に多くの掘立柱建物・井戸、鍛冶・製銅の工房…

作品所在地の地図

関連リンク

十三湊遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中須東原遺跡
脇本城跡
国見山廃寺跡
加茂遺跡
志布志城跡
ページトップへ