敏満寺石仏谷墓跡 びんまんじいしぼとけだにはかあと

史跡 / 近畿 

滋賀県
犬上郡多賀町
指定年月日:20050714
管理団体名:多賀町(平19・6・7)
史跡名勝天然記念物

敏満寺石仏谷墓跡は、滋賀県中部の琵琶湖東岸、湖東平野に面した青龍山西麓斜面、標高約180mに立地する。敏満寺は鎌倉時代初期に僧重源が東大寺再興に際して銅製五輪塔(重要文化財)を寄進した寺院で、中世に大きな勢力を有していたが、戦国期に浅井氏・織田氏との攻防により16世紀後半には衰退した。寺院の中心部は現在の胡宮神社境内付近と考えられ、その坊院跡と見られる平坦面が周辺に広がる。さらにその北側には15世紀から16世紀の城郭や町屋の遺構が大規模に展開し、大きな寺院勢力として城塞化していたことがうかがえる。
墓跡は胡宮神社の南側に隣接する南谷と称される地区にある。多賀町教育委員会では平成7年度から16年度まで測量や内容確認のための発掘調査を行った。墳墓は埋葬のための墳墓域とその下方の付属施設からなり、一辺80から90mの規模である。墳墓の分布は約60m四方の範囲に及び、一面におびただしい数の礫のほか石仏・石塔が大量に露出しており、その数約1600に達する。礫と石造物の分布範囲の北端付近に、約30mの距離に3つの巨石があり、墳墓域の境界を示すと推定される。
発掘調査は部分的に行ったのみで、詳細な構造は不明なところがあるが、斜面を雛壇状に平坦面を造成して墳墓を造っている。地形や礫・石造物の分布状況から墳墓のまとまりは50以上認められる。墳墓は数mの平面規模をもち、平坦面を造るもの、塚状の盛土を施すもの、これに小型の河原石で化粧するものもある。その一画に墓標か追善供養のための石塔を配するものが多い。墓跡の後半の時期に相当する15・16世紀段階には後部に…

作品所在地の地図

関連リンク

敏満寺石仏谷墓跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤坂今井墳墓
西谷墳墓群
脇本城跡
カリンバ遺跡
日吉ヶ丘・明石墳墓群
ページトップへ