太刀〈銘備前国長船住景光(小竜景光)/元亨二年五月日〉 たち〈めいびぜんのくにおさふねのじゅうかげみつ(こりゅうかげみつ)/げんこうにねんごがつひ〉

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 鎌倉 / 関東 

備前国長船住景光
東京都
鎌倉/1322
鎬造、庵棟、腰反り、踏張り残る。鍛小板目よく約り、乱映りあざやかに立つ。刃文中直に小丁子、互の目交じり、足よく入り、総体に逆ごころがあり、匂口よく締まる。帽子小丸、僅か…
身長73.6 反り3.0 元幅3.0 先幅2.0 鋒長3.2 茎長17.3 (㎝)
1口
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19490218
国宝指定年月日:19521122
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

長船景光の作で、最上級の出来であり、磨り上げながら他は頗る健全である。本太刀は刀身の腰元に小さく竜が彫ってあることにより小竜景光と称され、また楠木正成の佩刀であったことから楠公景光とも呼ばれ、著名である。長光のような華やかさはないが、鍛えは精美で冴え、景光の中でも特に景色がよい太刀である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘備前国長船住景光(小竜景光)/元亨二年五月日〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘備州長船住景光/元亨二年□月日〉
太刀〈銘備前国長船住左兵衛尉景光、作者進士三郎景政、嘉暦二二年已巳七月日/〉
太刀〈銘長光/〉
太刀〈銘備州長船住兼光/〉
太刀 銘備前国長船住人真光
太刀 銘備前国長船住人真光

備前国長船住人真光

ページトップへ