寺野の三日堂ひよんどり てらののみっかどうひよんどり

無形民俗文化財 / 中部 

選択年月日:19720805
保護団体名:寺野伝承保存会
備考:遠江のひよんどりとおくない 所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、静岡県引佐【いなさ】郡引佐町渋川寺野の寺野観音堂の祭のおり(一月三日)に演じられる一種の田楽能ともいえるもので、その本旨は田遊びとして行なわれ、別におこないなどとも呼ばれる。
 また、ひよんどりの名は、演目中の鬼の舞で松明の火を乱打するところを火踊とも呼び、その転訛したものであろうともいわれる。
 芸能は、まず神下しにはじまり、御神楽と万歳楽・三ッ舞・片剣舞ともどきなど十三番の曲で進行し、舞は正面二回の五方に舞うことを基本とする。もとは万歳・松影・田農などふくめて計二十番が徹宵して行なわれたという。
 また現行曲のなかに復演出のもどき芸のふくまれている点などは、中世芸能史の資料として貴重なものである。

関連リンク

寺野の三日堂ひよんどりチェックした作品をもとに関連する作品を探す

懐山のおくない
黒沢田楽
水海の田楽能舞
下長磯の式三番
田峰の田楽
ページトップへ