久井稲生神社の御当 くいいなりじんじゃのおとう

無形民俗文化財 / 中国・四国 

選択年月日:19811224
保護団体名:久井稲生神社の御当保存会
備考:公開日:毎年10月19日に近い日曜日(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください…
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

この行事は、久井稲生神社の秋の例祭で行われる行事である。午前の祭典に引き続いて、まず神楽殿で見子の当(社家社人の座)があり、次いで広庭で東座(もとの領家分の座)と西座(もとの地頭分の座)がそれぞれ行われる。東西の座とも、当番が甘酒と大鯛を献饌する。最後に「場の魚」と称して、大鯛を特色ある庖丁さばきで料理し、やがて直会となる。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

久井稲生神社の御当チェックした作品をもとに関連する作品を探す

上淀の八朔綱引き
大聖寺のゴンガン
等覚寺の松会
養父のネッテイ相撲
高岡の小豆焼き行事
ページトップへ