萩螺鈿鞍 はぎらでんくら

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 平安 / 関東 

東京都
平安
沢栗製、2枚居木の黒漆塗螺鈿の海有鞍。両輪ともに縁は黒漆塗で、磯高く、海を強く刳り、前輪には両肩に手形を彫り、山の下端には深めの洲浜を作る。後輪は、爪先の張り強く尻厚くふ…
前輪高29.9  馬挟41.1
後輪高26.5  馬挟34.2
居木総長44.0 居木幅10.5 居木先7.0 乗間29.0  (㎝)
 
1背
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19670615
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

前輪の高頭【たかがしら】はゆるやかで磯は厚く、後輪のふくらみの強い雄大剛壮な軍陣鞍である。これに施された咲き乱れる萩の文様は、平安時代藤原様式の典雅な趣きをよく示している。

作品所在地の地図

関連リンク

萩螺鈿鞍チェックした作品をもとに関連する作品を探す

沃懸地獅子螺鈿鞍
螺鈿時雨鞍
亀甲地螺鈿鞍
桜螺鈿鞍
朱漆木瓜紋鞍
ページトップへ