新野の盆踊 にいののぼんおどり

無形民俗文化財 / 中部 

長野県
指定年月日:19981216
保護団体名:新野高原盆踊りの会
備考:
重要無形民俗文化財

 新野の盆踊は、毎年八月十四日から十六日の、それぞれの夜から翌朝にかけて、地域の人びとが、三味線や太鼓などの楽器伴奏を伴わない古風な踊りを夜を徹して踊り、最後の十七日の早朝には、鉦と太鼓を打ちながら精霊を送り出す行事も行う。なお、八月二十四日は、夜から翌朝にかけて踊りだけが行われる。
 阿南町新野は、長野県南部の愛知県との県境にひらけた盆地で、この盆踊は、新野地区の本町と東町の、両側に商店が並ぶ通りを会場にしている。通りのなかほどに「音頭台」と呼ばれる四角い櫓を組み上げ、その上に、それぞれの歌を歌い出す「音頭取り」五、六名が上がる。踊り手は、音頭台を中に、通りに沿って細長い大きな輪になり、音頭取りの歌を受けて、それに続く歌詞を歌い返し踊りながら進んでいく。
 踊りは、「すくいさ」「音頭」「高い山」「おさま(おさま甚句)」「十六」「おやま」と「能登」の七種で、このうち「能登」は、十七日と二十五日の早期にだけ踊る。毎夜の踊りは、まず「すくいさ」で踊り出し、あとは「すくいさ」を含めて六種の踊りを交互に自由に変えながら繰り返し踊る。それぞれの踊りは、最初の歌の歌詞が決まっていて、踊りの名前は、その歌詞から取られている。あとに続く歌詞は、おおよそ決まっているものもあるが、地元に伝承されている数多くの歌詞を、自由に歌っていく。
 踊りの動作は、いずれもゆっくりとしたもので、右手に扇を持つものと、何も持たないものがあり、扇を持つのは「すくいさ」「音頭」「おさま」「おやま」である。また踊り手は、踊りながら進んでいくが、その方向が左回りであるのは「すくいさ…

作品所在地の地図

関連リンク

新野の盆踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新野の盆踊
白鳥の拝殿踊
与島・櫃石の盆踊
郡上踊
有東木の盆踊
ページトップへ