伊勢集断簡 石山切(いまといひて) いせしゅうだんかん いしやまぎれ いまといいて

文書・書籍 / 平安 

平安時代後期
伊勢集断簡 19.8×15.5 貫之集断簡 19.8×15.7
1幅
文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9
国(文化庁)

本幅は五色の濃淡の染紙を破り継いで山に見立てた料紙に『伊勢集』を書写した断簡と、白の胡粉で塗沫した空間に銀泥にて飛鳥、紅葉、秋草を描いた『貫之集』断簡との組み合わせに妙がある。ともに西本願寺本『三十六人家集』と一具で、元は華麗な冊子であった。「石山切」の名は本願寺の故地である摂津国石山にちなんでいる。

関連リンク

伊勢集断簡 石山切(いまといひて)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

石山切(たまならぬ)
紙本墨書伊勢集断簡〈(石山切)/(秋月ひとへに)〉
石山切(伊勢集)
石山切(伊勢集)

伝藤原公任筆

伊勢集断簡(石山切) 「きく人も」
彩牋墨書古今集第十四断簡〈(本阿弥切)/(いつはりの)〉<BR/>色紙墨書道済集断簡〈(紙撚切)/(まかきの)〉<BR/>紙本墨書家集断簡〈(針切)/(わかために)〉
ページトップへ