大矢田のヒンココ おやだのひんここ

その他の画像全10枚中10枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

選択年月日:19991203
保護団体名:大矢田ヒンココ保存会
備考:
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 大矢田のヒンココは、「ヒンココの舞」「猩々姫【しようじようひめ】・竜【たつ】のからくり」という素朴な人形戯【ぎ】を中心とし、ほかに稚児渡【ちごわたり】・獅子【しし】渡、稚児舞・獅子舞、などを含む芸能であり、大矢田神社の春の例祭(四月第二土曜・日曜)と秋のもみじ祭り(十一月二十三日)に演じられている。
 その起源は元和元年(一六一五)以来の祭礼記録に関する写本が残ることから、少なくとも近世初頭にまでさかのぼると考えられる。期日については、近世には毎年九月七日・八日に行われており、本来は秋の麦蒔前の予祝芸能であったと思われるが、明治初年の新暦採用により十月七日・八日、昭和四十年から現行のように変更され現在に至っている。
 ヒンココの舞は、祭礼当日に神社参道脇の山の中腹に幕を二段にめぐらしてしつらえた舞処【まいど】下段で行われる。その次第は、当日の明け方より祢宜殿【ねぎどの】と呼ばれる神官を模した人形の舞が始まり、お旅所およびその前の広場での諸行事の終了する午後三時ころまで舞い続ける。広場での稚児舞・獅子舞が終了すると、祢宜殿に加えて軍配を持った庄屋を先頭に一二体の農人形が登場し、麦蒔きの所作を演じる。次に大蛇の人形が登場し、農人形たちを次々と呑む様を演じる。この後、舞い続けていた祢宜殿が須佐之男【すさのお】命となり大蛇を退治する様を見せ、喜びの舞を舞い終了する。人形はいずれも竹を十文字に結び竹籠に紙を貼り色を塗ったカシラと竹籠で胴を作り衣装を着せた素朴なもので、二メートルほどの心竹とカシラを前後に動かす竹で一人で操る。人形の演技自体も、笛・太…

関連リンク

大矢田のヒンココチェックした作品をもとに関連する作品を探す

高寺八講
下長磯の式三番
参候祭
加茂神社の稚児舞
越中の稚児舞
ページトップへ