芭蕉布 ばしょうふ

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 

指定年月日:20000606
重要無形文化財

芭蕉布は、糸芭蕉の繊維を糸にして用いるきわめて特色ある染織技法である。一六世紀中ごろの沖縄では、すでに高度な芭蕉布作りの技術があったことが記録の上で知られる。軽くてさらりとした生地の風合いは夏の衣料に適し、沖縄、奄美諸島の伝統的な織物として発達した。琉球藍染、木灰の使用などすべて天然の材料により、かつ、手くくり絣、手織り等による素朴な古来の技法を伝える。無地のほか、琉球藍、車輪梅等の植物染料を使用した縞、格子、絣等の模様織が制作されたが、大戦の混乱やその後の生活様式の急激な変化、技術者の高齢化等によって生産反数は激減し、ほとんど唯一大宜味村喜如嘉【おおぎみそんきじょか】においてその技法が伝えられてきた。
 近年、伝統的な技法を基本としながら、多彩な植物染料の使用等芭蕉布の新たな可能性を追い求める活発な制作活動が行われている。芭蕉布は、歴史上、芸術上価値が高く、かつ、地方的特色を顕著に示す代表的な染織技法である。

関連リンク

芭蕉布チェックした作品をもとに関連する作品を探す

芭蕉布着尺「サバキバー マユビチー」
喜如嘉の芭蕉布
首里の織物
琉球藍製造
絹紺地経縞に緯絣緯浮ジンバナ文様花織着尺
ページトップへ