寺野東遺跡 てらのひがしいせき

史跡 / 関東 

栃木県
小山市大字梁
指定年月日:19951108
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 寺野東遺跡は、鬼怒川支流の田川右岸に南北にのびる宝木台地の東端、標高四三メートル前後に位置する。台地の東側は、田川・鬼怒川によって浸食され、沖積地が広がっている。南東には筑波山が美しい姿を広げ、遠く北西方向には白根山をはじめ日光連山や赤城山、北には高原山が展望できる。小山市街からは東北東へ約七キロメートルにある。
 県営の工業団地造成の事前調査が平成二年から平成六年に財団法人栃木県文化振興事業団埋蔵文化財センターと小山市教育委員会によって実施された。その結果、旧石器時代の後期に属する石器が四地点からまとまって発見され、縄文時代中期から晩期の集落跡、古墳時代前期の集落跡、同中期末から後期の群集墳、奈良・平安時代の集落跡などが発見された。縄文時代の中期前半からは集落が営まれはじめ、遺跡の中央を北から南に流れる谷の下流を挟んで東西の台地上に、地床炉をもつ五メートルほどの隅丸方形や円形の竪穴住居跡の分布が推定される。中期後半になると集落は大規模になり、谷の東側平坦地上に密集して環状に竪穴住居跡と土坑が分布している。竪穴住居は、石囲い炉をもちほとんど円形から長楕円形で、四から五メートルのものが多い。中期末から後期初頭にかけては、遺跡の北部の谷にかかる斜面に竪穴住居跡、台地平坦面上に土坑が散在し、その南に埋設土器が分布する小規模な集落となるが、集落の南外れの谷の東側斜面にいわゆる水場が形成された。水場は谷に向かって開く幅約一二メートル、奥行き一七メートルの範囲を平坦なU字形に造成し、奥壁を囲むように斜面上部に板塀を立てたと推定される幅三〇センチメート…

作品所在地の地図

関連リンク

寺野東遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

八天遺跡
中高瀬観音山遺跡
森山遺跡
御所野遺跡
樺山遺跡
ページトップへ