尺八(一節切) しゃくはち(ひとよぎり)

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 安土・桃山 / 佐賀県 

安土桃山時代~江戸時代前期
吹口径3cm、長さ35cm
1点
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市

 武雄第20代領主後藤家信使用のものと伝えられる尺八の一種、一節切。竹製の縦笛で、節が一つあることから、この名が付いた。室町時代に中国から伝えられたとの説がある。室町時代から江戸時代初頭にかけて流行し、一休や雪舟も好んで奏したと伝えられている。また能楽の囃子に用いられ、能管に替えて用いられたこともあった。 武雄鍋島家旧蔵資料。

関連リンク

尺八(一節切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

試薬臼砲(プルーフ・モルチール)
望遠鏡
ぼたん図
皆春齋御絵具
失勃児杜經験方
ページトップへ