弥勒寺官衙遺跡群
 弥勒寺官衙遺跡
 弥勒寺跡
 丸山古窯跡
 池尻大塚古墳
みろくじかんがいせきぐん
 みろくじかんがいせき
 みろくじあと
 まるやまこようあと
 いけじりおおつかこふん

社寺跡又は旧境内 / 飛鳥  奈良  平安 / 中部 

岐阜県
古代
関市池尻、美濃市大谷田
指定年月日:19590302
管理団体名:関市(昭37・6・23)
史跡名勝天然記念物

寺跡は大字池尻の地域にあり、山懷の台地を占めて南面して存するもので塔跡と金堂跡とが東西に並び存する。昭和28年及び同31年石田茂作博士等によって調査されたもので、塔跡の基壇は約11メートルの方形の土壇で、中央に心礎を有し他に4個の側柱礎石が残存する。塔跡の西方に金堂跡がある。基壇は東西約15メートル、南北約11メートルの土壇をなし、残存の礎石によって5間に4間の建物の存したことがうかがわれる。他に、講堂・経蔵・鐘楼・廻廊・中門・南大門の位置もほぼ推定される。この寺跡は堂塔の配置および出土古瓦の上から見て白鳳時代の建立とみなされるものであり、当代の寺跡として学術上の価値が高い。
 なお、寺跡の東北方3キロ余餘、丸山と称せられる独立丘陵に窯跡が存する。昭和32年名古屋大学澄田正一・楢崎彰一諸氏によって4基が調査された。いずれも登窯の形式でその中の1基は長さ約9.3メートルを有し、焚口部・煙出し部もよく残り、一部に天井部も遺存している。いずれも瓦・須惠器等が出土しているが、殊に瓦は彌勒寺跡出土のものと軌を一にしており、同寺に供給したものとみなされる。
 弥勒寺遺跡群は、長良川が濃尾平野にさしかかる手前に形成された小瀬峡谷の河岸段丘にあり、古代の美濃国武儀郡に位置する、7世紀後半から9世紀にかけての寺院、官衙などからなる遺跡群である。弥勒寺跡は、7世紀後半に造営された金堂・塔・講堂・回廊・中門などの中心伽藍や、経蔵・鐘楼・南大門の遺構が確認され、壬申の乱で活躍した身毛氏の氏寺と想定されている。また、その北東に約3キロメートル離れた丸山古窯跡は、弥勒…

作品所在地の地図

関連リンク

弥勒寺官衙遺跡群
 弥勒寺官衙遺跡
 弥勒寺跡
 丸山古窯跡
 池尻大塚古墳
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遠江国分寺跡
美濃国分寺跡
讃岐国分寺跡
鳥坂寺跡
台渡里官衙遺跡群<BR/>  台渡里官衙遺跡<BR/>  台渡里廃寺跡
ページトップへ