近江国府跡
 国庁跡
 惣山遺跡
 青江遺跡
 中路遺跡
おうみこくふあと こくちょうあと そうやまいせき あおえいせき ちゅうろいせき

その他の画像全2枚中2枚表示

史跡 / 飛鳥  奈良  平安 / 近畿 

滋賀県
古代
大津市大江三丁目・六丁目・三大寺・神領二丁目・四丁目
指定年月日:19730315
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

昭和四十八年に指定した範囲では、国庁域西端が十分に把握されなかったが、昭和五十五年度の発掘調査により、西端の溝が確認され、さらに五棟の掘立柱建物の遺構も検出された。
 当該部分の北と南は、切土により一段低くなっていて、遺構の残存状況が良くないと推定されるので、わずかに残された当該部分を追加指定し、名称を変更して保存を図るものである。
 大津市瀬田地区に所在する近江国庁跡は外郭と築地で囲まれた内郭の二重構造からなり、内郭の政庁区からは瓦積基壇の正殿、後殿、脇殿が検出され、昭和48年に史跡指定された。惣山遺跡は国庁跡の南東約500mに位置する大型倉庫群で、国庁と一体となって機能した重要な施設であることから平成10年に追加指定された。
青江遺跡は、国庁跡の南門跡からは、真南へ約300mの地点、丘陵の平坦部に立地する。築地に囲まれた中に掘立柱から礎石建物へ建替えられた3時期の建物跡を検出した。このうち礎石建物は南北2間、東西7間以上で北辺に1間の廂が付く東西棟建物である。国庁の南正面に位置し、計画的な配置のもとに建てられたもので、国庁および惣山遺跡の建物と同じ飛雲文の瓦が使われていることから、国庁との深い関わりが考えられる。国司館の可能性も考えられ、平成12年に追加指定されている。またその後の確認調査で、史跡指定地の西側で先に検出した建物の延長部分を、指定地北東側からは新たに築地跡を検出し、平成17年に追加指定している。
その後の確認調査において、指定地南西約200mの位置で、南北9間×東西2間の掘立柱建物を検出し、国庁と同じ飛雲文軒丸瓦、「天…

作品所在地の地図

関連リンク

近江国府跡
 国庁跡
 惣山遺跡
 青江遺跡
 中路遺跡
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

肥前国庁跡
伊勢国府跡
伊賀国庁跡
日向国府跡
美濃国府跡
ページトップへ