色紙墨書万葉集巻第四断簡〈(栂尾切)/(従情毛)〉 いろがみぼくしょまんようしゅうまきのだいよんだんかん〈(とがのおぎれ)/(こころにも)〉

 / 平安 / 関東 

東京都
平安/11世紀半ば
掛幅装、色紙墨書、本紙寸法 22.6㎝×15.7㎝
1幅
東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:20130617
登録美術品

 本作品は「栂尾切」と呼ばれる古筆切で、『万葉集』伝本の最古写本『桂本万葉集』巻四(三の丸尚蔵館蔵)の断簡である。伝称筆者は源順(911~983)とされている。料紙には、茶染紙に金銀泥にて草花・鳥・流水の下絵を施した装飾料紙を用いる。華麗な装飾料紙と、漢字・仮名とも優麗典雅にして気品の高い書風は、王朝貴族の美意識を反映しており、「栂尾切」は古筆切の名品とされてきた。
 書道史上に重要な作品であり、併せて平安時代中期の書写になる『万葉集』の現存最古 写本の断簡として国文学上にも貴重なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

色紙墨書万葉集巻第四断簡〈(栂尾切)/(従情毛)〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

万葉集巻第十二断簡〈(尼崎切)/(大王之)〉
彩牋墨書古今集第十四断簡〈(本阿弥切)/(いつはりの)〉<BR/>色紙墨書道済集断簡〈(紙撚切)/(まかきの)〉<BR/>紙本墨書家集断簡〈(針切)/(わかために)〉
彩牋墨書古今集巻四断簡〈(伝俊頼筆)/(題不知)〉
後撰和歌集巻第九断簡〈(白河切)/(おもひかは)〉
後撰和歌集巻第一断簡〈(白河切)/(たいしらす ひとこゝろ)〉
ページトップへ