七ツ森古墳群 ななつもりこふんぐん

古墳 / 九州 

大分県
竹田市戸上
指定年月日:19590513
管理団体名:竹田市(昭35・2・18)
史跡名勝天然記念物

大字戸上の丘陵上に存するもので、前方後円圓墳2基、円墳2基よりなる。前方後円墳はいずれも柄鏡式の形態をなし、前方部を西に面し、主軸の長さ約47メートル、高さ約6メートルを有する。この中、1基は昭和29年に発掘され、後円部頂上に箱形組合式石棺のあることが明かにされ、管玉、小玉等の玉類、石釧、鹿角装刀子等が検出された。円墳の中、西端のものは基底径約20メートル、高さ4メートルを有し、小形の舟形石棺が在する。
これらの古墳の中、前方後円墳は比較的時期のさかのぼる頃の築造とみなされるものであり、墳丘も亦よく旧規模をとどめており、古式の石棺をもつ円墳等とともに、この地方における古文化を知る上に価値高いものがある。

作品所在地の地図

関連リンク

七ツ森古墳群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

法恩寺山古墳群
金崎古墳群
百舌鳥古墳群<BR/> いたすけ古墳<BR/> 長塚古墳<BR/> 収塚古墳<BR/> 塚廻古墳<BR/> 文珠塚古墳<BR/> 丸保山古墳<BR/> 乳岡古墳<BR/> 御廟表塚古墳<BR/> ドンチャ山古墳<BR/> 正楽寺山古墳<BR/> 鏡塚古墳<BR/> 善右ヱ門山古墳<BR/> 銭塚古墳<BR/> グワショウ坊古墳<BR/> 旗塚古墳                <BR/> 寺山南山古墳<BR/> 七観音古墳
黒姫山古墳
上島古墳
ページトップへ