牟田寄遺跡出土銅印 むたよりいせきしゅつどどういん

金属製品類 / 平安 / 九州 

佐賀県
平安時代前半代/9世紀から10世紀
完存の鋳銅製品で、鋳上りも良く、表面は丁寧な研磨が施されている。
 寸法は、鈕を含めた高さ43mm、印面は方34mm、印側高5~6mm、鈕頭部の最大幅23mmで、重さは105gである。
 鈕は、頂部の両側に切れ込みが入る莟形で、径6mmの孔が穿たれた莟鈕有孔…
1顆
佐賀市本庄町大字本庄1121番地
佐賀県指定
指定年月日:20120427
佐賀市
有形文化財(美術工芸品)

佐賀市重要文化財(考古資料) 平成13年2月20日指定。印文の文字については、「勝」とする説の他、逆字の「粮」とする説等があるが、確定していない。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

牟田寄遺跡出土銅印チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中畑遺跡出土銅印(印文「永カ」)
銅印 印文「三川私印」
銅印〈印文「静神宮印」/〉
陶印
銅印「四王寺印」
ページトップへ