厳照寺の板碑群・石幢 ごんしょうじのいたびぐん・せきどう

その他の画像全7枚中7枚表示

石器・石製品類 / 室町 / 九州 

不明
熊本県
室町後期/板碑1(1525年)板碑2(1530年)板碑3(1549年)板碑4.5(不明)石幢(不明)
板碑1「阿弥陀三尊梵字板碑」安山岩                                                                    …
板碑1「1520×1610×300mm」                                                                          …
6基
熊本県合志市竹迫1794番地1
合志市指定
指定年月日:20130314
厳照寺
有形文化財(美術工芸品)

5基の板碑の内、銘文が残っているのは3基で全て逆修碑である。一番古い年記銘文が残るのは、大永5(1525)年の阿弥陀三尊梵字板碑で、法名を与え造営の中心的な僧侶を始め130名の法名が確認できる。なかには、法名ではなく実際の名前も見ることができ、人数の多さや名前から判断して、そのほとんどが竹迫町の住民層と考えられる。他に銘文がある板碑には、享禄3(1530)年銘の卍阿弥陀如来坐像線刻板碑、天文18(1549)年銘の阿弥陀如来線刻板碑があり、銘が無い板碑も形態や石質などの特徴からほぼ同時代に建立されたものと考えられる。石幢(せきどう)には、六角形の各面に六地蔵が線刻され、銘文は無いが形態などの特徴から15世紀後半に建立されたと考えられる。いずれも、竹迫氏から合志氏の時代に造られたものである。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

厳照寺の板碑群・石幢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山添磨崖仏岩薬師 附板碑八基
板碑(阿弥陀三尊種子)
下里・青山板碑製作遺跡
板碑(貞治の碑)
指中の板碑
ページトップへ