西谷墳墓群 にしだにふんぼぐん

その他の画像全3枚中3枚表示

史跡 / 中国・四国 

島根県
出雲市大津町
指定年月日:20000330
管理団体名:出雲市(平16・7・6)
史跡名勝天然記念物

西谷墳墓群は,山陰地方を中心に発達した四隅突出型墳丘墓6基などからなる弥生時代後期の墳墓群である。昭和28年,4号墓の開墾中に多量の土器が発見され遺跡の存在が明らかになり,昭和46年の分布調査で墳墓群であることが認識された。翌年に1号墓が緊急発掘調査され四隅突出型墳丘墓と判明し、また4号墓の土器のなかに吉備地方に特有の特殊壺形土器・特殊器台形土器が確認されるに及び,島根県教育委員会や出雲考古学研究会が測量調査を含む分布調査を続け,昭和55年までには墳墓群の概要が明らかになった。昭和58年から平成4年まで島根大学が3号墓の調査を実施し,中心主体である第1主体と第4主体を発掘した。また,平成9・10年度には,出雲市教育委員会が保存に向けての範囲確認調査を実施している。
 西谷墳墓群は,斐伊川に面した丘陵地に位置し、南北方向の尾根こならぶ1号基から6号墓と,東北に約300mはなれた小丘陵上にある9号墓などからなる。代表的なものでは,いずれも突出部をのぞく方丘部の規模として、9号墓の42mX35m,3号墓の40mx30m,2号基の35mX24m,4号墓の34mX27mと,この種の墓制のうち最大規模のものがそろっている。弥生時代後期でも後半期(2〜3世紀)を中心とするもので,四隅墓の形式がもっとも整うとともに大型化した時期のものである。例えば3号墓では,墳丘斜面には全面貼石がなされ、裾部には間隔をおいて2重の立石列をめぐらし、その間の2面の平坦面を石敷きとしている。
また主体部が調査された同じ3号墓の所見では,第1主体・第4主体とも木棺を木榔でかこむ構造をとり,多量の水銀朱が使用された棺内から玉類や鉄剣などの副葬品が見つかっている。また…

作品所在地の地図

関連リンク

西谷墳墓群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日吉ヶ丘・明石墳墓群
赤坂今井墳墓
荒島古墳群
黒塚古墳
唐古・鍵遺跡
ページトップへ