大友氏遺跡 おおともしいせき

史跡 / 安土・桃山 / 九州 

大分県
大分市顕徳町
指定年月日:20010813
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

大分市街地の南東部,大分川河口部付近の顕徳町一帯は,戦国時代に北部九州一円に覇を唱えた大大名の大友氏が守護所を置いた地で,豊後府中・府内と呼ばれた。大友氏は,相模国を本貫地とする鎌倉御家人の後裔で,16世紀の中頃から後半にかけて最盛期を迎えた。21代の宗麟はキリシタン大名として著名で,南蛮貿易に積極的に参画し,北部九州6か国を支配したが,天正14年から15年(1586〜7)に島津氏の侵攻を受け,22代の義統は朝鮮在陣中の戦線離脱を理由に文禄2年(1593)に豊臣秀吉によって除封された。
 戦国時代の大友氏城下町を描いた近世成立の「府内古図」と明治期の地籍図,遺称地名などとの照合によって推定復元された「戦国時代府内復元想定図」(『大分市史』)によれば,豊後府内の範囲は東西約0.7km,南北約2.2kmの壮大な都市域を有する。その中心となる大友氏館跡は,北東部が南側に歪み,南東部が南側に張り出す,一辺約200mの不整方形を呈すると推定される。大分市が実施する区画整理事業に伴う移転代替地として,大友氏館跡比定地の一部が予定されたために,大分市教育委員会が平成10・11年度に発掘調査を実施したところ,南東部において東西約83m,南北16m以上の長靴状の平面形を呈する,巨岩の景石を配した庭園遺構を検出した。
 また,西側外郭推定線付近で計画されたマンション建設に伴う発掘調査では,16世紀前半の土塁遺構,後半の大規模な整地層,掘立柱建物跡などが検出された。北辺西隅部の発掘調査では6本の溝跡が検出され,溝跡は2本が一対となる築地跡と推定され,順次北側へ拡張されて…

作品所在地の地図

関連リンク

大友氏遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大友義統書状
聖寿寺館跡
勝瑞城館跡
大友義鎮(宗麟)書状
角牟礼城跡
ページトップへ