穆佐城跡 むかさじょうあと

城跡 / 九州 

宮崎県
宮崎市
指定年月日:20020319
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

穆佐城跡は,宮崎県の県南中央部にあり,東流する大淀川右岸の標高約60メートルの低丘陵上に立地する平山城であり,佐土原から都城を経て薩摩へ向かう薩摩街道上の要衝に位置している。
 穆佐城跡は,南北朝時代の争乱にかかわった城跡であり,戦国時代には伊東氏と島津氏が争奪を繰り返した城跡である。
 建武3年(1336),足利尊氏は一族の畠山直顕を日向国に派遣しており,『日向記』によると,畠山氏は穆佐城を本拠とし南朝方の制圧に努めたが,やがて南朝方の肥後の菊池氏に穆佐城を攻められて日向国を離れたという。その後穆佐城を含む川南(大淀川以南の地域)は島津氏の支配に属していたが,応永19年(1412)に伊東氏が侵攻し,穆佐城も制圧した。これに対し,同31年島津氏が川南の地に進出したが,文安2年(1445)に伊東氏が奪還し,以後約130年間穆佐城は伊東氏の支配下にあった。
 伊東氏と島津氏の戦いは,飫肥,庄内,真幸地方に拡大したが,元亀3年(1572)の木崎原の戦いで伊東氏が大敗し,天正5年(1577)伊東氏は大友氏を頼って豊後国に退去し,日向国は島津氏の支配するところとなった。翌天正6年に大友氏は日向国への南下を企てたが,耳川の合戦で島津氏に敗れ,以後島津氏は肥後,肥前,筑後,豊後へと勢力を拡大した。これに対し豊臣秀吉は,天正15年大友氏の要請に応じ大軍を派遣して島津氏を下し,九州を制圧した。その結果,伊東氏に飫肥,島津氏に佐土原と諸県郡が与えられ,穆佐城は島津氏の支配となった。江戸時代元和の一国一城令以後は,穆佐城は薩摩藩の外城の一つとなったと考えられる…

作品所在地の地図

関連リンク

穆佐城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

都於郡城跡
佐土原城跡
清色城跡
堅志田城跡
宇土城跡
ページトップへ