津屋崎古墳群 つやざきこふんぐん

その他の画像全5枚中5枚表示

古墳 / 古墳  飛鳥 / 九州 

福岡県
5世紀前半~7世紀前半
福津市勝浦
指定年月日:20050302
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

福岡県北部の玄界灘に面した津屋崎町東部に広がる丘陵上には、5世紀前半から7世紀前半にかけての古墳群が南北7km、東西2kmの範囲に分布する。これらは北から勝浦高原古墳群、勝浦古墳群、新原・奴山古墳群、生家古墳群、大石岡ノ谷古墳群、須多田古墳群、宮司古墳群等からなり、津屋崎古墳群と総称している。古墳は全体で56基残存しており、内訳は前方後円墳16基、円墳39基、方墳1基である。
 勝浦高原古墳群は、1基の前方後円墳と12基の円墳からなり、一番西側の丘陵先端部に位置する前方後円墳の11号墳は6世紀後半の築造で、墳長は49mである。
 勝浦古墳群のうち、勝浦峯ノ畑古墳は、墳長約97mの5世紀中頃の前方後円墳で、埴輪、葺石を有し、後円部で横穴式石室を検出した。石室を3等分する位置に石柱を立てているのが特徴である。石室から鏡、大刀、剣、短甲のほか、銅釧、ガラス玉、琥珀製棗玉、琥珀製勾玉等の装身具が出土した。
 新原・奴山古墳群は最も密集度の高い古墳群で、5世紀前半から6世紀後半にかけて築造されたものである。総数59基を確認し、前方後円墳5基、方墳1基、円墳21基の総数27基が残存する。21号墳は新原・奴山古墳群の中で最も早い5世紀前半の直径17mの円墳で、22号墳は前方部が削平されているが、推定墳長約80mの前方後円墳である。
 生家古墳群に属する生家大塚古墳は、前方部は削平が著しいが、墳長約73mの前方後円墳に復元できる。出土した埴輪等から5世紀後半に位置付けられる。
 大石岡ノ谷古墳群は、前方後円墳2基と円墳1基からなる。いずれも6世紀後半のもので…

作品所在地の地図

関連リンク

津屋崎古墳群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

津田古墳群
巨勢山古墳群
壱岐古墳群
大和古墳群<BR/> ノムギ古墳<BR/> 中山大塚古墳<BR/> 下池山古墳<BR/>
金崎古墳群
ページトップへ