横浜公園 よこはまこうえん

名勝 / 関東 

神奈川県
横浜市中区横浜公園
登録年月日:20070206
管理団体名:
登録記念物

横浜市関内の横浜公園は、日本大通りとともに横浜の中心市街地における重要な空間軸を成す都市公園である。日本大通りにやや遅れて設計・計画が開始され、明治9年(1876)に開園した。
 慶応2年(1866)の大火後、居留地の街区建設、運河(堀川)の浚渫及び拡幅などとともに、東の外国人居留地と西の日本人街を隔てる防火道路として日本大通りが造成され、居留外国人と日本人がともに使える「彼我公園」として横浜公園が開設された。
 開設当初は中央に芝生のクリケット場があり、その周辺に園路を配置したものであったが、居留地制度の撤廃に伴って明治42年(1909)に横浜市所有となり、新たに野球場や噴水・四阿などが整備された。大正12年(1923)の関東大震災により烏有に帰したが、復興に際して昭和4年(1929)に運動場及びスタンド、野外音楽堂などが建設され、昭和11年(1936)には神奈川県立武道館が建設された。特に野球場では、昭和9年(1934)にベーブ・ルースやルー・ゲーリックなどの米国大リーグオールスターチームと全日本チームとが対戦したことでも有名である。
 第二次世界大戦後、球場は連合国軍から返還された後に「平和球場」と名付けられ、昭和33年(1958)には伊勢佐木町から公園内に体育館も移転された。接収地の返還が完了した昭和53年(1978)には、球場・体育館・音楽堂などの施設が撤去され、新たに横浜スタジアムが建設された。
 現在でも、都市の中心市街地における豊かな緑を構成し、外周を囲む腰石や噴水施設などの姿に往時の公園の面影を偲ぶことができる。
 以上…

作品所在地の地図

関連リンク

横浜公園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日本大通り
山手公園
再度公園・再度山永久植生保存地・神戸外国人墓地
山下公園
大濠公園
ページトップへ