二子塚古墳出土の銀装圭頭大刀附二子塚古墳横穴式石室内出土遺物 (ふたごづかこふんしゅつどのぎんそうけいとうたちつけたりふたごづかこふんよこあなしきせきしつないしゅつどいぶつ)

その他の画像全3枚中3枚表示

金属製品類 / 古墳 / 関東 

不明
古墳時代後期
二子塚古墳出土の銀装圭頭大刀の刀身は鉄製、装飾金具は銀製、鞘は木製
附二子塚古墳横穴式石室内出土遺物の内訳は以下のとおり。
石製小玉1点、
ガラス製小玉3点、
須恵器25…
二子塚古墳出土の銀装圭頭大刀は、長49.8cm、最大幅3.7cm、最大厚1.9cm
一口附三十六点
秦野市指定
指定年月日:20130927
秦野市
有形文化財(美術工芸品)

 銀装圭頭大刀は県内において他に確実な出土事例がなく、全形がわかる銀装大刀としては県内では初めての出土となる。
 大刀の柄間にある銀線には両端に刻み目を、鞘口・鞘間・鞘尻にある銀製の装飾金具には唐草文が施されている。このような特徴をもつ大刀は、6世紀後半に製作されたものと考えられる。
 大刀を出土した二子塚古墳は、県西域における最大級の前方後円墳であり、大刀と共に横穴式石室内から出土した土器群は大刀の製作年代と合致する6世紀後半の所産であった。これらは被葬者の埋葬時期を示すと考えられ、大刀が伝世することなく副葬されたことを示唆している。
 さらに、銀象嵌を施す鞘尻金具、金銅装の馬具は被葬者の権勢を考える際に大刀を補完する資料といえる。

関連リンク

二子塚古墳出土の銀装圭頭大刀附二子塚古墳横穴式石室内出土遺物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

群馬県平井一号墳出土品
高安千塚古墳群 服部川支群 伝森田山古墳出土 圭頭大刀・耳環・須恵器
双龍環頭大刀
二子塚古墳
高松塚古墳出土品
ページトップへ