裁縫雛形 狩衣 カリギヌ

有形民俗文化財 / 日本 

明治38年製作
丈454 裄300 (mm)
重要有形民俗文化財 渡辺学園裁縫雛形コレクション (3-イ-67)

狩衣は、平安時代初期に、上流階級の人々が日常着や鷹狩り等の野外での活動に用いた。時代とともにフォーマル化し、江戸時代には礼服として着用された。
実寸法の約1/3
墨書「狩衣」
「渡邊辰五郎之見之印」あり
指導検印あり
登録番号1652

作品所在地の地図

関連リンク

裁縫雛形 狩衣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

裁縫雛形 刺貫袴
裁縫雛形 消毒衣
裁縫雛形 辯護士帽子
裁縫雛形 陣羽織
裁縫雛形 大紋
ページトップへ