恵美須ヶ鼻造船所跡 えびすがはなぞうせんじょあと

その他の画像全3枚中3枚表示

その他 / 江戸 / 中国・四国 

山口県
幕末
山口県萩市
指定年月日:20131017
管理団体名:萩市(平26・3・24)
史跡名勝天然記念物

恵美須ヶ鼻造船所跡は、幕末に萩藩が洋式帆船を建造した造船所跡である。遺跡は山口県萩市中心部から北東へ約2.5キロメートルの小畑浦に位置し、近傍には史跡萩反射炉(大正13年12月9日指定)が所在する。嘉永6年(1853)のペリー来航に衝撃を受けた江戸幕府は、海防強化を図るため諸藩に大船建造を解禁し、翌安政元年(1854)には浦賀警備に当たっていた萩藩等に対して大船建造を要請した。萩藩は財政逼迫等の理由から当初これに消極的であったが、桂小五郎の尽力によって安政2年に大船建造を決定した。桂は浦賀奉行組与力の中島三郎助の助言を得ながら、伊豆の戸田でロシアのスクーナーを建造した経験を有する大工高崎伝蔵を萩に招聘した。安政3年4月、萩小畑浦北端の恵美須神社の先、当時は武家下屋敷地及び埋立地であった恵美須ヶ鼻の地が建設場所に選定され、「スクー子ル打建木屋」「絵図木屋」「蒸気製作木屋」「大工居屋」「会所」等が置かれ(『丙辰丸製造沙汰控』による)、萩藩最初の西洋式木造帆船の建造が進められた。同年12月に進水、安政4年春に完成し、丙辰丸と命名された。丙辰丸の規模は総長81尺、肩20.15尺、深さ10.3尺、2本マストの「スクーナー君沢形」である。造船に必要な原料鉄は大板山鑪場(史跡大板山たたら製鉄遺跡)から供給された。完成した丙辰丸は主に大坂や長崎を往復して物資輸送に当たった。
 その後安政6年、萩藩は再度帆船の建造を進めた。山田亦介らが責任者となり、長崎の海軍伝習等でオランダのコットル船建造技術を学んだ藤井勝之進が設計にあたり、長崎の船大工を招いて建造を進め、万延元年(1860)に完成、庚申丸と命名された。庚…

作品所在地の地図

関連リンク

恵美須ヶ鼻造船所跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

萩反射炉
大板山たたら製鉄遺跡
竪削盤〈/一八五六年、オランダ製〉
手塚律蔵書簡
手塚律蔵書簡

手塚律蔵

開成丸航路図
ページトップへ