三角旧港(三角西港)施設 後方水路 みすみきゅうこう(みすみにしこう)しせつ こうほうすいろ

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 明治 / 九州 

熊本県
明治/1887
石造、延長813m、排水口付
1所
熊本県宇城市三角町三角浦字瀬戸
重文指定年月日:20120709
国宝指定年月日:
重要文化財

 三角旧港施設は、宇土半島の北西端に位置する港湾施設である。内務省雇のオランダ人技師ムルデルの設計に基づき、明治20年に完成した。
三角旧港施設は、わが国最初期の本格的な近代港湾施設であり、建設当初の様子を良好に留めていることから、海岸に沿って築かれた埠頭、埠頭の背後の市街地を横切る3所の排水路、排水路上に架かる4基の道路橋が重要文化財に指定されている。
 追加指定される後方水路は、市街地の背後の山裾に沿って設置された石造の水路である。明治時代に建設された三角旧港施設の一部であり、既に重要文化財に指定されている埠頭、排水路、道路橋と一体で、歴史的、技術的な価値を有するものと認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

三角旧港(三角西港)施設 後方水路チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三角旧港(三角西港)施設 埠頭
三角旧港(三角西港)施設 東排水路
三角旧港(三角西港)施設 西端排水路
三角旧港(三角西港)施設 西排水路
三角旧港(三角西港)施設 三之橋
ページトップへ