銅造勢至菩薩立像 どうぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう

その他の画像全4枚中4枚表示

彫刻 /  / 関東 

東京都
1躯
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19790606
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

もと阿弥陀三尊の両脇侍であったと考えられる観音・勢至の二菩薩像で、それぞれ本体は蓮華座及び蓮茎を含めて一鋳とする。球形に近い頭部に初々しい童貌を表し、細身の体躯は簡潔な象形で、稀にみる瀟洒な全体観をみせる。また細い手指の造りや天衣・瓔珞【ようらく】等、宝冠や光背の透彫の精緻な彫技と共に鏤刻の粋を示す。隋代金銅仏の一傾向を示すばかりでなく中国金銅仏の中で繊細華麗な面を代表する作品として注目される。

作品所在地の地図

関連リンク

銅造勢至菩薩立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造十一面観音立像
石造観音菩薩立像
木造菩薩立像
金銅聖観音像懸仏
銅造〈釈迦如来/多宝如来〉並坐像
ページトップへ