古実式三番 こじつしきさんばん

無形民俗文化財 / 東北 

選択年月日:19751208
保護団体名:中尊寺古実式三番保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

中世の寺院では、延年と称する催しが盛んであったが、この催しにはさまざまの芸能が法楽として演じられた。毛越寺の延年はよく知られているが、これに隣接する中尊寺の鎮守白山宮(岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関)の祭にも古くから延年の催しが行なわれていた。今では境内の能舞台で、五月一日から五日までの一日がそれにあてられる。「開口」は一山を讃め、寺のいわれ、延年の次第を翁面の者が説く。「祝詞」はほとんど顔を隠した者が祝詞を経文風に唱える。「若女【じゃくじょ】」は鈴と扇を手に、若女面をつけた者が舞う。「老女」も鈴と扇を持ち、老女面をつけた者の舞であるが、いずれも古風な芸態を遺した芸能であり、芸能史的に価値がある。なお、囃子は笛、小鼓、太鼓である。

関連リンク

古実式三番チェックした作品をもとに関連する作品を探す

閏戸の式三番
下長磯の式三番
小迫の延年
水海の田楽能舞
長滝の延年
ページトップへ