江名子バンドリの製作技術 えなこばんどりのせいさくぎじゅつ

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

岐阜県
高山市江名子町
指定年月日:20070307
保護団体名:江名子バンドリ保存会
備考:※江名子バンドリ(製品)とその製作用具は、昭和50年9月3日に重要有形民俗文化財に指定された「飛騨の山村生産用具」…
重要無形民俗文化財

 江名子バンドリの製作技術は、高山市江名子に伝承されるバンドリと呼ばれる蓑を製作する技術である。バンドリとは、飛騨地方でムササビを意味する方言で、蓑を着けた人の姿がムササビに似ているので、この名がある。
 ニゴと呼ばれる稲藁の穂先やシナの木の肉皮などを材料として作られ、軽量で、夏は涼しく冬は温かい仕事着として、雨の日の農作業などに使われてきた。
 その製作には、ニゴの採取をはじめ、シナの皮剥きやアク取り、乾燥による色出しなど手間のかかる工程があり、また首折りや上編みなど熟練を要する技術が伝えられている。

作品所在地の地図

関連リンク

江名子バンドリの製作技術チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉野の樽丸製作技術
鴻巣の赤物製作技術
小木のたらい舟製作技術
論田・熊無の藤箕製作技術
秋田のイタヤ箕製作技術
ページトップへ