阿月の神明祭 あつきのしんめいまつり

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 中国・四国 

指定年月日:20090311
保護団体名:神明祭顕彰会
備考:公開日:毎年2月11日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などへご確認ください)
重要無形民俗文化財

阿月の神明祭は、もと旧暦1月15日に行われた小正月の火祭りで、阿月地区を東西2つに分けて行われ、災厄除けや病気除け、豊作を祈願する。
 地区の砂浜に東西に分かれて1本ずつ、御幣や橙などで飾り立てたシンメイと呼ぶ長い柱を立てる。シンメイを立て終わると、前年結婚し仲間を退会する若者を担ぎ、海に投げ込んで祝う儀礼が行われる。昼と夜の2回シンメイの前でシンメイ踊りや長持ちジョウゲが行われる。夜になるとシンメイに火が点けられて焼かれ、海側にシンメイを倒す。人々は倒れたシンメイから飾りや御幣などを取り合って家に持ち帰る。また燃えている火で餅などを焼いて食べると病気をしないなどともいう。(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

阿月の神明祭チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三島のサイノカミ
樋越神明宮の春鍬祭
大磯の左義長
野沢温泉の道祖神祭り
生里のモモテ
ページトップへ