釜石鉱山田中製鐵所栗橋分工場跡 かまいしこうざんたなかせいてつしょくりはしぶんこうじょうあと

その他の画像全3枚中3枚表示

史跡 / 東北 

岩手県
鞭牛大橋の南西1200mに位置し、鵜住居川支流、沢桧川東岸の段丘上に立地する。現在は、宅地や畑、植林地として利用されている。
岩手県釜石市橋野町39地割
釜石市指定
指定年月日:20131224
記念物

栗橋分工場の高炉は、田中製鐵所で7番目に建設された高炉であり、明治25年に建設を始め、明治27年6月吹き入れを開始し、大正10年2月に休山した。他の高炉がコークスにより操業していたのに対し、唯一木炭高炉として操業していた。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

釜石鉱山田中製鐵所栗橋分工場跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

釜石製鐵所山神社鉄製扁額
尾崎神社の鋳鉄製宝剣
橋野高炉跡
古武井熔鉱炉跡
神ノ沢鹿踊
ページトップへ