伊豆国分寺塔跡 いずこくぶんじとうあと

史跡 / 中部 

静岡県
三島市泉町
指定年月日:19560515
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

現国分寺境内にあり。塔跡は高さ約0.6メートルの土壇をなしている。既に南半部は失われているが、四天柱礎及び側柱礎の一部が存しほぼ旧規模を知ることができる。これらの礎石は凝灰岩による巨大なもので、長径約0.8メートル内外、短徑約1.4メートル内外を有し、上面中央に小■孔を存する。心礎は早く移動され、その所在を知ることはできないが堀りこみ及び根固め栗石の一部も遺存している。塔初層の平面方約10.6メートルと推せられ、基壇もまた一辺約70メートルを有するものと認められ、国分寺塔としては宏壮な規模をもつ一例に属し、奈良時代における塔跡の考察の上に価値高いものである。

作品所在地の地図

関連リンク

伊豆国分寺塔跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

讃岐国分寺跡
淡路国分寺塔跡
若狭国分寺跡
遠江国分寺跡
飛騨国分寺塔跡
ページトップへ