手熊・柿泊のモットモ てぐま・かきどまりのモットモ

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 九州 

選定年月日:20150302
保護団体名:手熊町自治会、柿泊町青年団
備考:公開日:毎年2月2日(手熊町)、毎年2月3日(柿泊町)(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会…
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

本件は、節分に行われる来訪神の行事で、モットモ爺と呼ぶ異装の者を中心とした3人1組の一団が家々を訪問し、災厄を祓って福を招くものである。最初に年男が「鬼は外」と唱えながら豆をまき、これに福娘が「福は内」と唱えながら続き、最後にモットモ爺が「モットモー」と大声で叫んで床を激しく踏み鳴らしたり、手にした杖で床を激しく突く。(解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

手熊・柿泊のモットモチェックした作品をもとに関連する作品を探す

浦佐毘沙門堂の裸押合の習俗
神原八幡宮の取り追う祭
宮古のパーントゥ
見島のカセドリ
等覚寺の松会
ページトップへ