五鈷杵 ごこしょ

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 / 奈良県 

平安時代 12世紀
銅製 鋳造 鍍金 鬼目式
長17.0
1口

 把部よりも鈷部が大きい作品で、形式、技法とも洗練された姿を見せる。縦長の鬼目を連ねるのはこのタイプでは珍しい。八角三条帯で約された小形の素弁や中鈷の匙面が強い点なども古様であるが、全体の形姿から平安後期の作と考えられよう。

奈良国立博物館の名宝─一世紀の軌跡. 奈良国立博物館, 1997, p.289, no.56.

作品所在地の地図

関連リンク

五鈷杵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三鈷杵
独鈷杵
五鈷鈴
金銅五鈷杵
羯磨
ページトップへ