松村家住宅洋館 まつむらけじゅうたくようかん

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 九州 

福岡県
昭和前/1936
木造平屋建、瓦葺、建築面積17㎡
1棟
福岡県福岡市中央区大名2-127
登録年月日:20150326
有限会社ショーソン
登録有形文化財(建造物)

通りに接して主屋の南に建つ応接用の洋館。寄棟造桟瓦葺で、各面に開口をとり、もとは西にパーゴラを附属していた。外壁はモルタル塗の粗面仕上げで、道路側は塀を連続させて街路景観を整える。接客空間を独立した洋間とする、和洋併設住宅の好例である。

作品所在地の地図

関連リンク

松村家住宅洋館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松村家住宅門及び塀
松村家住宅主屋
松村家住宅土蔵
日野家住宅洋館
村尾家住宅納屋
ページトップへ