黄銅製竹林観音彫花瓶 おうどうせいちくりんかんのんぼりかびん

その他の画像全4枚中4枚表示

金工 / 明治 / 中部 

中杉与三七
富山県
明治/1890
  法量 高33.8 奥行13.0 横21.0(単位㎝)。
  黄銅鋳製、赤茶色に色上げする。口と胴と脚部からなる方形の花瓶。口は長方形で、立上がり部に金の布目象嵌と銀の平象嵌で円文を…
1対
富山市郷土博物館(富山市佐藤記念美術館)  富山市本丸1-62(富山市本丸1-33)
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:19990330
登録美術品

本作品は、1890年(明治23年)開催の第3回内国勧業博覧会に出品され、褒状を受けた作品。作者中杉与三七自身も、シカゴ万国博覧会や内国勧業博覧会等に多数の制作品を出品、受賞している明治期の高岡を代表する彫金師。また、依嘱者の5代塩崎利平は、高岡銅器の海外への取引の先駆者であり、内国勧業博覧会、万国博覧会、その他各種展覧会にその扱う美術品を出品し、受賞することも多い実力者であった。

関連リンク

黄銅製竹林観音彫花瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銀象嵌環付花瓶
金銀象嵌環付花瓶

銅器会社(初代 山川孝次 制作監督 推定)

花鳥文様象耳付大花瓶
菊花文飾壺
菊花文飾壺

二代 北岳 横山彌左衛門孝純

獅子麒麟文金銀象嵌花瓶
獅子麒麟文金銀象嵌花瓶

制作者 :藤林 峯親
製作者 :金森 宗七
総製作者:圓中 孫平

人長舞図花瓶
人長舞図花瓶

紹美栄祐作

ページトップへ