紙本墨画淡彩寒山拾得図〈狩野山雪筆/〉 しほんぼくがたんさいかんざんじっとくず〈かのうさんせつひつ/〉

絵画 / 江戸 / 近畿 

狩野山雪
江戸
紙本墨画淡彩 掛幅装
縦101.5cm 横130.5cm
1幅
重文指定年月日:20140821
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

江戸時代前期に独特の画風で活躍した狩野山雪(1590~1651)による水墨道釈人物画。寒山と拾得は、唐時代の天台山にいた修行者で、奇怪な風貌や言動で知られ、後代に多く絵画化された。本図は中国元時代に流行した図様を踏襲しながらも、不気味な笑みをたたえる二人の人物を重ねるように描いており、幅広い作風の山雪の特徴を示す優品である。
真正極楽寺住職の尊通が父の正親町公通(1653~1733)の遺品を譲り受けたという伝来が判明する。

関連リンク

紙本墨画淡彩寒山拾得図〈狩野山雪筆/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本墨画寒山拾得図
寒山拾得図
寒山拾得図

藝愛筆

寒山拾得図屏風
寒山拾得図屏風

長沢芦雪筆

寒山拾得図
寒山拾得図

伝顔輝筆

寒山拾得蝦蟇鉄拐図軸
ページトップへ