黒子島原始林 くろこじまげんしりん

その他の画像全6枚中6枚表示

天然記念物 / 九州 

長崎県
平戸市大久保町黒子島
指定年月日:19510609
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

平戸町と九州本土との間にある名高い、烈しい潮流に囲まれた周囲約1キロの小島である。古来平戸藩主松浦家の所有に属し草木の採獲を一切禁止せるため島はよく原生林の実体を示している。
シヒノキ、ホルトノキ、(高さ35メートル、根廻り8.55メートル、目通周囲4.70メートル)ハマセンダン、(高さ30メートル、根廻り6.45メートル、目通周囲3.35メートル)、マテバシヒ、アカメガシハ、カラスサンセウ、ツバキ、ハゼノキ、エノキ、タブノキ、サンゴシユ(目通周囲88センチメートル)ハマヒバ、ムクノキ、ラカンマキ、モチノキ、シロダモ、カキノキ、クストイゲ、アコウ(高さ18メートル根廻10メートル、目通周囲6.80メートル)等の喬木に混じて、トビラノキ、カイガンマサキ、ビハノキ、カンザブラウノキ、ホソバイヌビハ、イヌビハ、オホバムラサキシキブ、アヲキ、ニハトコ、タライキ、ヤツテ、クロキ、タマツバキ、ハクサンボク等の潅木とヤダケ、四方竹(移植?)メダケを生じ南側斜向には十数本のビロウが自生しこれらに蔦はりてオホイタビ、フウトウカヅラ、オホバグミ、ツルグミ、サネカヅラ、テリハヤイトバナ、ノブドウ、ムベ、クズ、テウセンテイカカツラ等の蔓植物あり、北九州暖帶島岐林の代表的林相を呈している。

作品所在地の地図

関連リンク

黒子島原始林チェックした作品をもとに関連する作品を探す

虚空蔵島の亜熱帯林
小長井のオガタマノキ
白山神社のハナノキおよびヒトツバタゴ
諫早市城山暖地性樹叢
阿値賀島
ページトップへ