石田城五島氏庭園 いしだじょうごとうしていえん

その他の画像全2枚中2枚表示

名勝 / 九州 

長崎県
五島市池田町
指定年月日:19911116
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

五島列島は、長崎県本土との間に五島灘をはさんで東シナ海に浮かぶ九州最西端の島々である。その最南端の列島最大の島が福江島であり、島の東半部が福江市である。長崎市に西方約七〇キロメートルに位置する。
 中世から五島で支配の地を固めてきた宇久氏は、末期に五島氏と改姓し、江戸時代初期にここ福江の石田の地に城(陣屋)を構えた。以後五島藩主として代々石田城を居城とし明治維新まで存続した。五島藩は、江戸時代を通じて城の整備に努めてきたが、幕末になって異国船防御のため大規模な城郭建設を幕府に要請し、ようやく嘉永二年(一八四九)に許可を得て文久三年(一八六三)に完成した。北海道松前の福山城とともに、最も新しい大名城郭として有名である。
 庭園は、二の丸の西南端、もと廐舎や「育英舘」(藩士教育所)があった所に造られている。第三十代盛成は、城の工事が八分通り竣工すると、安政五年(一八五八)家督を嗣子盛徳に譲り、この地に隠居所として邸宅と庭園を建築・築造した。
 二の丸西門である「蹴出門」桝形を通って左側すぐに隠居所の平門が石垣に挟まれて設けられている。門を入ると正面が玄関書院であり、ここから斜めに廊下で座敷書院に渡る。これから再び東北に池庭に差しかけて釣殿風の庭園鑑賞用の小座敷を設けている。また、玄関の左手から桝形裏の土坡沿いに延段が続き、井戸、洗い場、内庭、池庭への石組水路の間を進めば、北側石垣裏の土坡に至る。土坡の下に石組溝が二か所開いており、一つは外堀から池庭への導水路であり、一つは抜け穴と伝える。ここから東へ折れて、金明竹二株の脇を進めば、庭門を経て庭…

作品所在地の地図

関連リンク

石田城五島氏庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鳴海氏庭園
志布志麓庭園<BR/> 天水氏庭園<BR/> 平山氏庭園<BR/> 福山氏庭園
篠山城跡
田淵氏庭園
清藤氏書院庭園
ページトップへ