木造金剛力士立像 康成作/(所在二王門) もくぞうこんごうりきしりゅうぞう こうせいさく/しょざいにおうもん

その他の画像全4枚中4枚表示

木像 / 南北朝 / 近畿 

康成
南北朝/1339
2躯
重文指定年月日:20140821
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

二王門(国宝)に安置される金剛力士像で、像内銘より延元3年(1338)から翌年にかけて南都大仏師康成によって造られたことが知られる。東大寺南大門像(国宝)に次ぐ大きさで、近世まで大作を多く手がけた奈良仏師の巨像制作の技倆をよく示す作例である。像内納入品は木造五輪塔、地蔵菩薩及び多宝塔印仏、こけら経等からなる。こけら経は他に例を見ない膨大な分量で、地蔵印仏は当代の遺品中優れた出来映えを示す。

関連リンク

木造金剛力士立像 康成作/(所在二王門)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造地蔵菩薩坐像院誉作
木造阿弥陀如来及両脇侍像
木造二天王立像/木造毘沙門天立像
乾漆力士形立像
木造地蔵菩薩立像
ページトップへ