大入の花祭用具及び関連資料 おおにゅうのはなまつりようぐおよびかんれんしりょう

その他の画像全2枚中2枚表示

有形民俗文化財 / 中部 

愛知県
194点
愛知県北設楽郡東栄町大字本郷字大森1
登録年月日:20130312
管理団体名:
備考:内訳:花祭用具140点 関連資料54点
東栄町
登録有形民俗文化財

 花祭は、早くから芸能史的に評価され、昭和51年に重要無形民俗文化財に指定されている。東栄町の大入地区は、険阻な山間地での厳しい生活環境のため、昭和30年代には全戸が離村し、国指定以前に大入の花祭は途絶えたが、大入から転出した後も用具類一式が、花太夫を代々務めてきた花山家により保管され、現在は東栄町の花祭会館に保管されている。
 花祭の用具には、山見鬼や榊鬼といった鬼をはじめ、翁や巫女、鎮めなどの面、マサカリ(鉞)やツルギ(剣)などの採物、花の舞や三ツ舞など各種の舞で使われた着物や袴などの衣装類、太鼓や笛の楽器があり、関連資料には、花祭の中で唱えられた『御釜神祭文』などの祭文類や、花祭の次第や舞方、歌楽、問答の詞章を記した『舞乃式次第覚』などの古記録がある。

作品所在地の地図

関連リンク

大入の花祭用具及び関連資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花祭
花祭の芸能
閏戸の式三番
鳳来寺田楽
竹富島の生活用具
ページトップへ