新堂廃寺跡
 附オガンジ池瓦窯跡
 お亀石古墳
しんどうはいじあと
 つけたりおがんじいけかわらがまあと
 おかめいしこふん

その他の画像全6枚中6枚表示

古墳 / 近畿 

大阪府
富田林市緑ヶ丘町大字中野
指定年月日:20021219
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

新堂廃寺跡は、昭和11年に石田茂作によって紹介された、飛鳥時代前半創建の学 史上著名な古代寺院跡である。遺跡は、大阪平野の南部、羽曳野丘陵裾の、大和川支 流の石川が形成した河岸段丘上に所在する。
 遺跡地には古瓦が散布することが大正年間から知られていたが、昭和34年に大阪 府営住宅の建設計画が持ち上がり、大阪大学と大阪府教育委員会が発掘調査を行った。 その結果、創建期の遺構は確認できなかったが、白鳳時代再建の建物4棟を確認し、 南から塔、金堂、講堂が一直線に並び、金堂の西側に基壇建物が建つ伽藍配置である ことが明らかとなった。
 その後、平成5年度から府営住宅の建替えに伴う調査、平成9年度からは富田林市 教育委員会が史跡指定を目指した確認調査を行い、飛鳥時代の中門と南面、東面、西 面回廊を検出するとともに、塔基壇下層で飛鳥時代の基壇土を確認し、創建期には四天 王寺式の伽藍配置をとることが明らかとなった。再建後の伽藍については、新たに南 門と宝幢遺構、東方建物、南面、東面、西面築地を検出し、塔・金堂の東西に建物を 配置する特異な伽藍配置をとることが判明した。中心伽藍は、南北約150m、東西 約80mの範囲と推定される。また、寺域の北東では奈良時代から平安時代にかけて の建物群を検出し、これは再建後の寺の経営に関わった集団の居住域と考えられる。
 オガンジ池瓦窯跡は、新堂廃寺跡の北西約0.5kmにあるオガンジ池の北東堤部 に所在する。昭和44年に調査を行い、天平年間に瓦を焼成した半地下式無段登窯で あることが判明した。昭和60年には堤の改修に…

作品所在地の地図

関連リンク

新堂廃寺跡
 附オガンジ池瓦窯跡
 お亀石古墳
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

尼寺廃寺跡
衣川廃寺跡
結城廃寺跡<BR/> 附 結城八幡瓦窯跡
佐野廃寺塔跡・金堂跡
三ツ塚廃寺跡
ページトップへ