八上城跡 やかみじょうあと

その他の画像全2枚中2枚表示

城跡 / 近畿 

兵庫県
篠山市
指定年月日:20050302
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

八上城跡は、兵庫県の中央東端部に位置し、史跡篠山城跡の南東約3.5kmの丘陵に占地する奥丹波地方最大の中世山城跡である。丹波地方を代表する有力国人の波多野氏の本拠地で、織田信長旗下の明智光秀による丹波攻略の際に、最大の攻防戦が行われた城郭として著名である。
 八上城跡北麓の八上地区は、東西に山陰道が通る街道筋で、中世における丹波国多紀郡の中心地であった。石見国の土豪であった波多野清秀は、15世紀後半代に応仁の乱の戦功によって多紀郡小守護代に任ぜられ、八上地区から南側の谷部に入り込んだ奥谷中央部の蕪谷に奥谷城を築城して本拠地とした。その後、波多野氏は管領細川氏の有力内衆として勢力を拡張し、中央政権内での地歩を固めた。天文7年(1538)には三好政長とともに守護代の内藤氏を攻略して奥丹波地方を実効支配した。三好長慶や松永久秀と対立して一時八上城を奪われたが、永禄9年(1566)に奪還した。
 同11年に織田信長が上洛すると、波多野氏は服従の姿勢を示したが後に毛利氏に与し、天正4年(1576)には明智光秀を裏切り敗走させた。八上城は同6年の第二次丹波攻略で光秀軍に包囲され、1年にわたる籠城戦の末に落城して波多野氏は滅亡した。その後、多紀郡は光秀、前田玄以等が支配し、慶長7年(1602)には前田茂勝が徳川家康から八上藩5万石に封じられた。同13年に茂勝は改易となり、家康庶子の松平康重が入封した。康重は同14年に幕命による天下普請で新城を築城し、同年末に篠山城に入城して八上城は廃城となった。
 篠山市教育委員会は平成13年度、14年度に八上城跡の縄張り…

作品所在地の地図

関連リンク

八上城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒井城跡
篠山城跡
鎌刃城跡
八代城跡群<BR/> 古麓城跡<BR/> 麦島城跡<BR/> 八代城跡
勝瑞城館跡
ページトップへ