金田官衙遺跡 こんだかんがいせき

史跡 / 関東 

茨城県
つくば市
指定年月日:20040227
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 金田官衙遺跡は、筑波山の南15km、桜川西岸の沖積低地を望む台地縁辺上に立地する古代の官衙遺跡である。本遺跡から北西に9km桜川をさかのぼった地点には、常陸国筑波郡衙正倉と考えられる史跡平沢官衙遺跡が所在する。昭和34年の桜中学校校庭拡張工事において、総柱の掘立柱建物跡、大量の炭化米が発見されたことから、この地に古代の官衙遺跡が存在することが確認された。昭和59年には、その隣接地の九重東岡廃寺跡と称される遺跡が桜村史編纂のため筑波大学によって発掘調査され、建物基壇、瓦溜まり、井戸などが検出された。平成11年度以降、都市整備公団による土地区画事業に先行する確認調査を茨城県教育委員会及び茨城県教育財団が実施し、金田地区に大規模な古代の官衙遺跡が存在することを確認した。このため、茨城県及びつくば市は、遺跡を現状保存することとし、平成14年度に、つくば市教育委員会が範囲確認調査を行って、遺跡の範囲をほぼ確定した。
 本遺跡は、郡衙関連遺跡と考えられ、正倉院(金田西坪B遺跡)、官衙地区(金田西遺跡)、それに仏教関係施設(九重東岡廃寺)で構成される。正倉院は、台地縁辺部に所在する。幅約4m、深さ約1.3mの溝に区画された最大東西約110m、南北約310mの長方形の範囲に、礎石建物8棟、総柱の掘立柱建物3棟が並んで検出された。また、昭和34年に総柱の掘立柱建物や炭化米が発見された桜中学校校庭は、正倉院の北半部に当たる。8世紀中・後葉には敷地が拡張するとともに、掘立柱建物から礎石建物へ改築されたと想定されている。官衙地区は正倉院の北西に展開する。8世紀初頭に硯…

関連リンク

金田官衙遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

根岸官衙遺跡群
平沢官衙遺跡
東山官衙遺跡
大高野官衙遺跡
上野国新田郡家跡
ページトップへ