志布志城跡 しぶしじょうあと

城跡 / 九州 

鹿児島県
志布志市
指定年月日:20050714
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

志布志城跡は鹿児島県東部、志布志湾北側の前川河口に近いシラス台地上に展開する大規模な山城である。大隅・日向南部地方では中世に肝付氏・島津氏・伊東氏等が割拠し、志布志城はその拠点城郭として重要な位置を占めていた。天正5年(1577)に薩摩と大隅を統一した島津氏は志布志に地頭を置き、豊臣秀吉による九州平定を経て、慶長年間にはその役割を終えたが、城下には引き続き麓集落が置かれた。
志布志城跡は近接して存在する4箇所の城郭の総称である。東から内城跡・松尾城跡・高城跡・新城跡となり、中心となるのは規模や構造から見て内城跡であり、いずれも標高は50m程である。内城跡は東側に中世以来港として利用されていた前川が流れ、西側は沢目記馬場と称される南北道路を隔てて松尾城跡と対峙する。この南北道路と前川沿いの道路に面して多くの近世の武家屋敷が連続しており、その庭園遺構や地割は現在も市街地の中に良く残されている。
志布志町教育委員会では15・16年度に内容確認のための発掘調査を実施した。内城跡は北東から南西に延びる台地の尾根南端に立地する。南北約500m、東西250mの規模で、北端を東西の大規模な空堀で遮断し、さらに6箇所の大きな郭を空堀で区切りながら並べる。これらの東側には空堀と土塁、東側下にも多数の郭群を設け、西側は平行して大規模な空堀と土塁、切岸が設けられ、厳重に防御されている。主要な郭はさらに二つに分かれ、土塁が伴い明瞭な虎口が確認できるものもある。
松尾城跡は南北に延びる尾根南端に立地する。南北約300mで、東西最大200mほどあるが、南に向かって…

作品所在地の地図

関連リンク

志布志城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白山城跡
飛山城跡
小国城跡
志布志麓庭園<BR/> 天水氏庭園<BR/> 平山氏庭園<BR/> 福山氏庭園
佐土原城跡
ページトップへ