北近江城館跡群
 下坂氏館跡
 三田村氏館跡
きたおうみじょうかんあとぐん
 しもさかしやかたあと
 みたむらしやかたあと

史跡 / 近畿 

滋賀県
長浜市
指定年月日:20060126
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

下坂氏館跡は、滋賀県北部の長浜平野の南西部に位置し、東に伊吹山麓、西に琵琶湖を望んでおり、館跡の北側には姉川を源とする五井戸川が流れ、自然堤防上の微高地で周辺を森に囲まれた場所に位置している。
下坂氏は、近江国坂田郡下坂庄の国人領主であり、その出自については諸説あるが、建武3年(1336)の足利直義の感状があり、この時期には足利方として活躍していたことがわかる。その後応仁の乱から戦国期にかけては、一族間の内紛を抱えながらも、京極氏や浅井氏の家臣として活躍したことが多くの残存する史料(下坂家文書・長浜市指定文化財)からわかる。 浅井氏滅亡後、下坂氏は帰農するが、江戸期は郷士として彦根藩と関わりを持ち、現在も下坂氏の子孫が館跡に居住し管理している。
近江の湖北地方には、こうした在地土豪の平地居館が、長浜市の高田氏館跡・垣見氏館跡、浅井町の三田村氏館跡、木之本町の小山氏館跡など多数所在し、中世における当地方の高い生産性を持った農民層支配のあり方に裏付けられる国人領主の存在形態を示すものとして貴重である。
館跡は、東西約89m、南北約87mのほぼ正方形の範囲に、高さ約1mから2m、幅約2mから5mの土塁で二重に囲み、周囲を幅約5mから13m、深さ約1mから3mの堀が囲む。主郭は、東西約55m、南北約42mの内側土塁によって囲まれ、その北東側と南西側の4つの副郭によって構成される。南西側の副郭は、一段高くなっており、伝承では有事の際にはここに立て籠もり防戦したとされる。内側土塁の東側に高さ約2m、幅約7mの虎口を設けている。また、館内東南部に…

作品所在地の地図

関連リンク

北近江城館跡群
 下坂氏館跡
 三田村氏館跡
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

隈部氏館跡
京極氏遺跡<BR/>                  京極氏城館跡<BR/>弥高寺跡
清水山城館跡
高梨氏館跡
湯築城跡
ページトップへ