等妙寺旧境内 とうみょうじきゅうけいだい

社寺跡又は旧境内 / 鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山 / 中国・四国 

愛媛県
中世
北宇和郡鬼北町
指定年月日:20080328
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

等妙寺旧境内は、愛媛県の南西部、鬼ヶ城連山の郭公岳(標高1010m)の北麓、標高300mほどに立地する天台律宗寺院。元応2年(1320)恵鎮の孫弟子理玉の開基で、法勝寺の遠国四カ戒場の一つとなった。天正16年(1588)に火災により全焼したが、江戸時代には宇和島藩主伊達氏の庇護を受けて再興され、現在に至る。旧境内地は北に開く谷を造成して南北約400m、東西250mの範囲に4つの地区に分かれている。このなかに礎石建物などが伴う平坦面が合計約20箇所みられる。最も広い平坦部が「本坊」であり、その石積みは高さ6m、長さ25mあり壮観である。谷を隔てた東方地区には集石墓群が二つある。貿易陶磁器、国産陶器、土師器、金属製品など多様な遺物が出土しており、寺院が14世紀から16世紀に営まれたことを示している。天台律宗の地方伝播の実態については、具体的な寺院の所在も合わせて不明なところが多いが、等妙寺旧境内は、鎌倉仏教の戒律復興運動の具体的な様相を示すものとして保存状態もよく重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

等妙寺旧境内チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色地蔵菩薩及び二童子像図
絹本著色釈迦三尊十六善神像図
敏満寺石仏谷墓跡
等妙寺観音堂 附厨子
慈恩寺旧境内
ページトップへ